みゆきち日記

【やまなかみゆきピアノ教室】の生徒さんは遠方からもお通いです。

2017-07-06

奈良市【やまなかみゆきピアノ教室】山中です。

当教室の生徒さんは、遠方からも通ってくださっています。

これもひとえに、保護者の方々のご理解、ご協力があってこそと思っています。

1番遠い方は、葛城市(かつらぎ市)。

京奈和道路を使ってお通いです。

続いて、香芝市。

あとは、お隣の県、京都は木津川市や、大和郡山市、三郷町、奈良市内でも、学園前や高の原方面など、車で30分以上かかるような所からもレッスンに来てくださっています。

数々あるピアノ教室の中から、【やまなかみゆきピアノ教室】をお選びくださって通ってくださること、本当に嬉しいです。

また子育てに一生懸命なお母さまばかりで、皆さん意識が高いです。

とても良い雰囲気の教室で、私はいつも幸せな気持ちでレッスンしております。

と書くと、なんだか自慢しているような感じですが、本当にそうなので、ありのままを書いています(笑)

ピアノを弾く、楽しんで弾く、楽しみながら弾く。。

というのは、ある意味理想なのかもしれません。

でも、それを実現するためにレッスンしていくのもひとつかと思います。

ピアノは、いつまでにこの曲が弾けないといけないとか、何歳までにこの教本が終わっていないといけないということはありません。

マイペースで出来る分、ゆっくりにしようと思えばいくらでもゆっくりと進んでいくことも出来ます。

そんなピアノ。

ピアノを弾くことが生活の中にあるって素敵だと思います。

そんな素敵なことのお手伝いが出来ればと思いながら、日々楽しくレッスンしております。

【やまなかみゆきピアノ教室】では、ご新規の生徒さんを若干名募集しております。

右上お問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせ下さい!


お問い合わせ 即 体験レッスン、即 楽器ご購入!

2017-06-30

【やまなかみゆきピアノ教室】山中です。

今週月曜日にお問い合わせをいただき、水曜日に体験レッスンをさせていただき、本日金曜日にご入会のご連絡を頂戴し、その足でピアノを見に行かれご購入!

来週月曜日からレッスンスタート、金曜日にはピアノの納品!

とまあ、物事はこんなにもスムーズに進んでいくのかというくらい、トントンと進んだ一週間。

体験レッスンにお越しくださった際に、ご本人にとって一番ベストな方法、レッスンカリキュラムをご提案させていただいています。

また、楽器をお持ちでない場合は、なぜピアノが必要なのか、ピアノがあるとどんな良い事があるのかなどのお話と、ご購入の際の注意点など、こちらも丁寧にご説明させていただいています。

そのことに対して、共感していただいて納得くださって、即、行動に移してくださるご両親。

新しく始まるピアノレッスンの環境をベストな状態に整えてくださり、本当に気持ちよくスタートできます。

これから、ピアノが一生のお友達となり、ウキウキすることや、楽しい時間がいっぱい増えますように。

本当にご理解のあるご両親に感謝している旨を申し上げたところ、逆に、

『近くにピアノ教室はたくさんあるけれど、先生のお人柄やピアノ教室に対する想いを伺って、遠くてもぜひ通わせていただこうと思いました。どうぞよろしくお願いいたします』

とおっしゃっていただきました。

本当に嬉しい限りです。

私も精進して、より良いレッスンができるよう頑張ります。

来週より、年長さんの絶対音感コース、始まります!

スタートの準備をして、お待ちしております!


【やまなかみゆきピアノ教室】では、ご新規の生徒さんを募集しております。

右上 お問い合わせフォームより、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい!


わかりやすく伝えるには。。。

2017-06-28

【やまなかみゆきピアノ教室】山中です。

日々のレッスンの中で気をつけていることは、いかに伝えたいこと、わかって欲しいことを わかりやすく伝えられるか、ということです。

『手を丸くして』というだけで正しい手の形でピアノが弾ければ、習う方も教える方も、こんな楽なことはありません。

手の力を抜いて…ということを『幽霊の手みたいに』とか『握りこぶしの上に乗せて』とか、それでもわからなければ、もっと違う言い方やアプローチの仕方で、生徒さんにお伝えしています。

伝わり方や理解の仕方は、生徒さんおひとりおひとり違いますし、同じことを言っても受け止め方は様々です。

またそれに対応しようと思うと教える側の引き出しもたくさん必要です。

先日は、ジャズ的なリズムのノリ について、先生の真似をして弾いてみたり、弾む感じ や、馬に乗ってるみたいに とか、いろんな形で『リズムの揺れ』をお伝えしましたが、いまひとつパチっと来ずで、言ったのが、


ガムを ふんづけたかんじ

その下には、

うにゃ〜〜

と書いています。

これでわかったかと思いきやそれでもピンと来なかったので、算数の分数の足し算  を用いて、

3分の2 と 3分の1 ずつ  

と図面で書いてあげるとようやくドンピシャでわかりました。

生徒さんによって、理論的に説明した方がよくわかるのか、絵や例えばの例題で説明した方が良いのかは様々です。

その時の状況に応じて、教える側はパッと見極めてアプローチの方法を変えていけることが大切かと思います。

そんなことで、タカタ  のリズムがどうしても取れない、あやふやな場合も、このように、


じゃぱねっと 

タカタ

と書いてあげるとわかりやすいです(笑)

そのほかにも、その生徒さんが習っている他の習い事や身近な事柄から、いろんな『例えば…』をお伝えしています。

スイミングをされている生徒さんには、息つぎ の仕方で、ピアノを弾く時にも息つぎが要ること、バレエを習っている人には、バレエの姿勢からピアノにも正しい姿勢が必要なこと、お習字をされている人には、お習字の最初の一筆を入れる瞬間とピアノの開始音の弾き方を似通わせて…などなど、その他にも、バスケットや野球、サッカー、空手など、通っている生徒さんの他の習い事を知りながら、ピアノのレッスンに最大限結びつけて説明しています。

【やまなかみゆきピアノ教室】では、わかった!弾けた!楽しい!を日々のレッスンの中でたくさん体験していただけるようにと思いながら、レッスンしています。

曜日によっては、満室の曜日もありますが、ぜひお気軽に、お問い合わせフォームからでもお問い合わせ下さい。

ピアノは、専門教育というよりも情操教育でありたいと思っている講師が、お待ちしております!


6月20日 お昼頃にお問い合わせくださった方へ。

2017-06-20

奈良市【やまなかみゆきピアノ教室】山中です。
先ほど、私の留守中に、体験レッスンのお問い合わせをお電話でくださった方へ。
折り返し、連絡先へお電話いたしましたが、先方のお名前が違う ということで、連絡がつきませんでした。

電話番号も復唱しましたが、電話番号は合っているけれど、『違います』とのことで、たいへん申し訳ありませんが、再度、お電話かお問い合わせフォームからでもご連絡いただけますでしょうか。

お手数をおかけします。

どうぞよろしくお願いいたします。


年中さんのピアノレッスン  姿勢が変わります!

2017-06-08

【やまなかみゆきピアノ教室】山中です。

ピアノを弾く時に、身体の力を抜いて弾く、脱力して弾くということがとても大切なのですが、今日の年中さんのピアノレッスン、

一生懸命弾いていると、身体中に力が入り、どうにもこうにも力んでしまいます。

こうしてみて、と言っても身体はいうことをきいてくれません。


脇もツメツメで、肩が上がり、本当にカチコチの状態です。

それでも、いろんな方法でわかりやすくアプローチしていくと、どうでしょうか。


なんとか力がほぐれ、肩も下り、楽な姿勢になりました。

手の形も、とても良くなっています。

さっそく、お母さんにも画像を送って、おうちでの練習も、『良い姿勢』と『悪い姿勢』を見てもらいながら練習していただけるようにお願いしました。

自分でも、良い姿勢で弾くことが、良い音にもなり、なにより『楽に弾ける』ということがわかると、格段に上達します。

【やまなかみゆきピアノ教室】では、小さな生徒さんにも、わかりやすく、楽しくレッスンしていけるようなカリキュラムを組んで、おひとりおひとりに合ったアプローチをしています。

ただ今、ご新規の生徒さんを若干名募集しております。

画面右上にあります  お問い合わせ フォームより、お気軽にお尋ね下さい!


Copyright© 2011-2017 やまなかみゆきピアノ教室. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com