みゆきち日記

大人の方のピアノレッスン

2017-04-07

【やまなかみゆきピアノ教室】山中です。

当教室では、大人の生徒さんもレッスンに来られています。


 

毎回、お仕事帰りに、レッスンに来られます。

『エリーゼのために』を合格されたあと、今日は、バッハのメヌエットを弾かれました。

レッスンでは、その方の目標やご要望に応じて、

今回は、バロックのピアノのお話や、弾き方のアドバイスをいたしました。
大人の方の場合は、お月謝制と1レッスン制からお選びいただけます。

この方は、お月謝制ですが、月二回レッスンの方もいらっしゃいます。

月二回の場合は、1レッスン×二回分のレッスン料金になります。

お好きな曲を弾くのも良し、基礎からじっくり取り組むのも良し、その方お一人お一人に合ったレッスン内容で、レッスンを受けていただけます。

どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


絶対音感コース 3歳さんのピアノレッスン

2017-04-06

【やまなかみゆきピアノ教室】山中です。

よくご質問いただくことの1つに

『絶対音感コースって、ピアノのレッスンはあるのですか?』

と尋ねられます。

答えは、

『あります』

絶対音感コースは、絶対音感のトレーニング+ピアノレッスン  になります。

通常のピアノレッスンに、絶対音感のトレーニングをプラスしたものとお考え下さい。
ある日の3歳さんのレッスンです。

初めに、絶対音感のハタのトレーニングをします。


次に、指の体操をします。


リズムのほん  を使ってリズム打ちの練習をします。


ピアノを弾きます。


わかりにくいですが、とても良い手の形で弾いています。


今日は、これを弾くの! とテキストのどこをやっているのかも自分でわかっています。

これでだいたい30分のレッスンが終わります。

いつもこの順番ではありませんし、この生徒さんはドリルやワークなどをしていませんが、ここにドリルなどの書く宿題を一緒に考えたり、他のテキストをすることもあります。
絶対音感をつける。

きれいな手の形でピアノを弾く。

自分で音を読む。

リズム打ちをする。

小さいうちから、楽しみながら確実に総合的な力を身につけて、本格的にピアノを弾く年齢になった時には、スムーズにピアノが弾ける 

【やまなかみゆきピアノ教室】の絶対音感コースでは、そんなレッスンをしています。

ピアノを弾く時に、手の形に気をつけて…とか、楽譜を見て…とか、いろいろ言われると弾くことがとても大変で、『ごちゃごちゃ言われてイヤだー!』となりますね。

そうなる前に、小さいうちから、ピアノが弾ける力を身につけていきます。

導入期にしっかり基礎の前の『素地』を作る。

スタートラインに立った時(ピアノを弾く時)は、スムーズにスタートする。

絶対音感コースは、満6歳半までのお子さまが対象です。 

ただ今、春のご新規生徒さんを若干名募集しています。

どうぞお気軽にお問い合わせ下さい!


グレンツェンピアノコンクール 地区大会 【やまなかみゆきピアノ教室】入賞いただきました!

2017-03-29

奈良市【やまなかみゆきピアノ教室】山中です。

昨日から明日まで大阪シンフォニーホールで開催されている グレンツェンピアノコンクール 地区大会。


【やまなかみゆきピアノ教室】からも、昨日の小学校1、2年の部にお二人が挑戦されました。

結果は見事、優秀賞と準優秀賞をいただきました!


昨年の9月の奈良地区予選から、年末年始の大阪、京都の本選を 見事に入賞通過しての 地区大会でした。

その間に、発表会やピティナステップ、クリスマス会などの数々のイベントもこなしながら、また、普段の学校や生活の中でのスケジュール管理はとても大変なことと思います。

サポートしてくださったお母さまはじめ、おうちの方のご協力やご理解があってこそのコンクールです。

優秀賞には、全国大会出場の可能性があります。

私も会場で他の生徒さんの演奏を聴き、また審査員の先生の総評を拝聴し、とても勉強になりました。

これで終わり、良かった、で終わることなく、また次の目標に向かって精進していきたいと思います。

【やまなかみゆきピアノ教室】では、春のご新規生徒さんを若干名募集しています。

曜日によっては満室の曜日もありますが、通っていただきやすい時間帯もございます。

詳細は、遠慮なくお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。


体験レッスンのちご入会

2017-03-24

奈良市【やまなかみゆきピアノ教室】山中です。

昨日は、新一年生の方が体験レッスンにお越しくださり、即ご入会いただきました。

ありがとうございます。

今回は、障がいをお持ちの方でしたが、このような場合は、その方の得意分野を伸ばす方向で、その方がより楽しく、そしてこの先にも、その得意分野を使って楽しんでいけるようなカリキュラムをご提案します。

講師の私自身は、障がいのあるなしに関わらず、ピアノを習いたい、弾きたいと思う人のレッスンをお受けしています。

ただ、うちの教室は、バリアフリー仕様でもありませんし、教室を見ていただいた上で、よろしければどうぞというスタンスです。

それでも、その方、その方、おひとりおひとりに合うレッスンをしようと思うと、教える側の引き出しもたくさんいります。

ベストなレッスンが出来ますよう、私も精進しながら、レッスンしていきたいと思います。

音楽が一生の友となりますように。

ピアノを弾くことが楽しみになりますように。


ピアノを弾く手の形 ビフォーアフター

2017-03-15

奈良市【やまなかみゆきピアノ教室】山中です。

先日の大人の生徒さんのレッスンより。

いつも、手の形に気をつけて弾いておられますが、どうも上手く弾けません。

そんな時は、実際に弾いていらっしゃる時の画像を撮って見せて差し上げます。

どうでしょうか。

左手の手の甲がへしゃげています。

つまり、ぺったんこな形です。

右手のように、指の付け根の関節、『骨のお山』と呼んでいますが、骨のお山が上手く出るような形になれば良いのですが…。

これを見て、実際に弾いている時の自分の手の形がよくわかります。

綺麗な手の形になるようなアドバイスをして…、


どうでしょうか。

先ほどより、かなり良い形になり、弾きやすくなったようです。

このように、大人の方でも、的確なアドバイスによって、向上されていきます。

ご本人も大満足なレッスンでした。

大人の方は、手が固くてなかなか上手く動かないことが多いですが、少しのことでら楽に手や指に無理な負担をかけずに弾けるようになります。

また、モチベーションも上がりますね。


Copyright© 2011-2017 やまなかみゆきピアノ教室. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com