みゆきち日記

新年度が始まります。

2018-04-01

【やまなかみゆきピアノ教室】山中です。

【やまなかみゆきピアノ教室】は、4月を年度初めとしていますので、今日から新年度がスタートしました。

といっても、今日は、日曜日なので、レッスンはお休みです。

新年度になり、ピアノ教室をお探しの方がいらっしゃるかと思います。

先日、お問い合わせをくださったお母さまが、

『もっと早くにご相談すればよかったです』

とメールに書かれていました。

新しいことを始めようと思うと、お問い合わせひとつするにも、勇気がいりますね。

それはピアノ教室のお問い合わせに限らず、何かの予約や購入をする場合でも同じことが言えると思います。

歯医者さんの予約ひとつにしても、『痛くされたらどうしよう』とか、『まだこのくらいの気になる症状だったら大丈夫かな』とか。

ピアノ教室も同じですね。

『先生は、どんな人だろう』とか、『厳しく教えられたらどうしよう』とか、『ついていけるかな』とか。。。

そのために、『体験レッスン』というものを設けております。

体験レッスンは、『お試しのレッスン』ですが、レッスンなしでお話だけでもかまいません。

『どんな教室か見に来ただけ』でもオッケーです。

あれこれ悩むことも、もちろん大切ですが、悩んでいても前には進みません。

先のお母さまのように『今年なってずっと悶々としておりました。もっと早くにご相談すれば良かったです』ってこともあります。

意外とすんなりピアノレッスンがスタート出来たりする場合もあります。

いろんなケースがあり、ひとりで悩む前に、ぜひ、悩んでいる原因や、希望するレッスン内容をお話くださればと思います。

たくさんのレッスンの実績と経験を積んでいる講師が、いろんなアドバイスやアプローチをして差し上げられると思います。

どうぞお気軽に右上お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

【やまなかみゆきピアノ教室】では、春のご新規生徒さんを若干名募集しております!


【やまなかみゆきピアノ教室】本年度のレッスンは全て終了しました&ご入会ありがとうございます!

2018-03-28

【やまなかみゆきピアノ教室】山中です。

本年度のレッスンは、本日全て終了しました。

保護者さまには、音楽教室活動にご理解ご協力賜りましてありがとうございます。

教室内では、新年度に向けてのレッスン日時の移動変更も落ちつき、スムーズに新年度を迎えられそうです。

そして、本日は、昨年夏に体験レッスンにお越しくださった3歳さんが、ご入会くたさいました。

おうちのご都合でずっとレッスン開始を待っておられました。

実に半年、お気持ちが変わらずにいてくださったことに感謝です。

新年度は、4月2日からレッスンスタートです。

新年度までレッスンはお休みですが、引き続き、体験レッスンのお申し込みやお問い合わせは承っておりますので、どうぞお気軽に、右上のお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

春からのピアノレッスン、始めて観ませんか!


絶対音感コース 3歳さんのピアノレッスン

2018-03-13

奈良市【やまなかみゆきピアノ教室】山中です。

今日の午前中は、絶対音感コースの3歳さん。

来月から、年少さんになります。

今日は、ママと一緒に『ド』を探す、をしました。

『ドは、どこかな〜〜』

『ふたつのお山の左がわ〜』

そう言いながら、鍵盤の端から端まで、 ドを探して、ばっちり弾けました。

3歳くらいの生徒さんは、ピアノをスラスラ弾くことはまだまだです。

鍵盤あそび をしながら、楽しくわかりやすく、『できた!』の気持ちを大切にしながら、レッスンをすすめてまいります。

絶対音感コースは、絶対音感のハタのトレーニング+ピアノレッスン です。

先にも述べましたように、ピアノがまだ弾けない年齢の生徒さんは、リトミック要素や鍵盤あそび、リズムあそびを取り入れながら、無理なく楽しくピアノが弾けるようになる基礎の前の『素地』を固めてまいります。

ピアノが弾ける年齢になった時に、スムーズにスタートが切れるよう、幅広くいろんな経験を積んでいきます。

詳しくは、体験レッスンにお越しの際に、その方その方に合ったカリキュラムをご説明させていただきます。

満6歳半までのお子さまをお持ちのお母さま、

どうぞお気軽に、体験レッスンのお申し込み&お問い合わせ下さいませ。

絶対音感コースは、(個人差もありますが)満2歳半から始めていただけます。


1カ月遅れのバレンタインチョコレートをいただきました。

2018-03-10

【やまなかみゆきピアノ教室】山中です。

インフルエンザをこじらせて入院していた生徒さん。

1カ月半ぶりにレッスンに来られました。

バレンタインチョコレートを渡そうと思っていたけれど渡せなかった…と、可愛いお手紙つきでくださいました。

中を開けてみると、

なんと、先生の名前入りチョコレートでした!

こんな心温まるプレゼント、とっても嬉しいです。

本当にありがとうございます。

元気になって、良かったね!


形の良い指、悪い指

2018-03-09

【やまなかみゆきピアノ教室】山中です。

ピアノを弾いていくのに、指の形、手の形を良くすることをレッスンの中でわかりやすくお伝えしています。

ピアノは、叩けば鳴りますが、生の楽器ですので、弾き方によって『綺麗な音』と『きたない音』が出ます。

わかりやすく言えば、バイオリンの『ノコギリのような音』と『深く綺麗な音』です。

ピアノは、バイオリンほど顕著に音の違いがわかりませんが、上達していくにつれて『きれいない音』がどんな音なのかがわかってきます。

つまりそれは『耳が肥える』ということでもあります。

ある程度弾けるようになってから、手の形や指の形を言いはじめたのでは、もう自分での『弾きやすい癖』というものが身についていて、矯正しようとしてもなかなか正しくはなりません。

『先生は、うるさいことを言う』と思われても、習い始めの段階から指の形や手のフォームについては、『嫌われないように』(笑)うまく取り入れています。

画像は、小学二年生の指です。

もう、力が入り過ぎて指は反ってしまっています。

こうなると、指も手のひらも突っ張ってしまって、上手く動きません。

『手を丸くして』と言っても、本人は弾いている間は、自分の手がどうなっているかなんてわからないです。

画像に撮ってあげて、『こんなことになっているよ』と見せてあげると、『わぁ、指がペッチャンコになってる!』と言います。

正しい指の形、手の使い方を伝えると、

無駄な力が抜け、手の突っ張りも緩まりました。

何度わかりやすくお伝えしても、頭でわかっていても、手が言うことを聞いてくれない!そんな年中さんは、

立って弾いてみました(笑)

すると、いやでも手がまっすぐになり、無駄な力が入らないので、美しいフォームになりました。

もちろん、このまま弾き続けるわけにはいかないので、『きれいな手の形』をわかってもらった上で、今度は座って弾いてもらいます。

すると、感覚がわかったので、カッチカチの手が、しなやかになりました。

ピアノの上達は、本当に細かい小さなことの積み重ねです。

それは、今言われてすぐ出来ないことでもあるし、何回も何回も言われて、繰り返し練習して、ようやく出来るようになることもあります。

すぐに結果を求めるのではなく、気の長いことばかりです。

特に、小さな生徒さんには、おうちの方のサポートも必要です。

それは、おうちで先生の代わりに教えるのではなく、言葉がけであったり、励ましであったり、そんなことのサポートです。

レッスンでは、そんなおうちでのお母さんのサポートの仕方についてもお話しています。

画像の生徒さんも、お母さんから

『昨日習ったことがわかったのか、今朝は起きてすぐにピアノに向かいました』

と嬉しいご連絡をいただきました。

お母さんも、喜ばれています。

このようなご連絡をいただくと、私もとても嬉しいです。

【やまなかみゆきピアノ教室】では、ただ今、春のご新規生徒さんを若干名募集しています。

右上、お問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせ下さいませ。


Copyright© 2011-2018 やまなかみゆきピアノ教室. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com