【やまなかみゆきピアノ教室】は、絶対音感トレーニングを取り入れたピアノ教室です!

2015-09-14

奈良市【やまなかみゆきピアノ教室】山中です。

本日も、絶対音感トレーニングのお問い合わせと体験レッスンのお申し込みをいただきました。

ありがとうございます。

【やまなかみゆきピアノ教室】は、数あるピアノ教室の中で、絶対音感トレーニングを取り入れている数少ないピアノ教室かと思います。

絶対音感に興味のあるお母さま、子供に絶対音感をつけたいと思うお母さまから、お問い合わせを頂戴しております。

そのため、遠方からレッスンに通っていただいている生徒さんも少なくありません。

絶対音感トレーニングって、どんなことをするの?と思われましたら、どうぞ、ホームページの右側にあります 『絶対音感コースとは?』のところをクリックして、ご覧くださればと思います。

手っ取り早く、『絶対音感がつくとどうなるの?』『どんなメリットがあるの?』という疑問にお応えするとするなら、

聴いた音がドレミでわかる。

わかることによってピアノで弾くことが出来る(耳コピー  と言われるものです)

読譜が早くなる。

譜読みに時間がかからないので、新曲もたやすく弾くことが出来る。

読譜が早いということは、弾いたことがない曲の楽譜をパッと見て弾くことが出来る(初見演奏が出来る)

聴音力があるので、楽譜の中のシャープやフラットなどの記号を落とすことなく弾ける。落として弾いても間違いにすぐ気づき、弾き直すことが出来る。(聴く力がないと、記号を見落として間違った音で弾いていても平気な人もいます)

絶対音感があると、レッスンの進行がスムーズです。

その他にも、

九九や漢字を覚えるのが早い。

計算が早い、など学校の勉強面においても、その能力を発揮するようです。

【やまなかみゆきピアノ教室】の絶対音感コースの生徒さんで、幼稚園での、お遊戯会や生活発表会などのセリフや身体の動きなど、すぐに覚えて先生に褒められた という例もあります。

あとは、何と言っても、

集中力がつく。

我慢強くなる。

頑張りが効く。

落ち着きが出る。

判断力がつく。

など、お母さまよりご意見をいただいています。

デメリットは、

本人の意志と関係なく、親御さんの判断でトレーニングを始める。

ということです。

ピアノの場合は『本人がピアノに興味を持った』『ピアノを弾きたいと言った』など、ご本人がやりたいと思ってレッスンを開始するのに対し、

絶対音感コースのトレーニングは、周りの大人の判断で始めることになります。

なぜ、本人が判断出来ないくらい小さい年齢で始めなくてはいけないのか、本人がやりたいと言うまで待ってはいけないのか、ということは、体験レッスンにお越しいただいた際に、詳しくご説明しております。

ホームページに掲載している生徒さんが、その後とのように成長されて効果をあげておられるかも、最近のトレーニングの様子を記録した画像を見ながらお話しています。

2歳さん。  
年少さん。

 

年中さん。

画像では、ハタ4本ですが現在は、ハタ11本です。  
年少さんから始め、現在年長さん。単音、二音もトレーニング中です。

 

そして、当時三歳、現在年長さんの生徒さん。

年少さん当時。

  
現在。

ハタのトレーニングもしながら、単音、二音、四音もトレーニングしています。

  
この他にも、絶対音感トレーニングに在籍している生徒さんが多数おられます。

絶対音感トレーニングにご興味のあるお母さま、どうぞお気軽にお尋ね下さい。

お問い合わせ、お待ちしております。


Copyright© 2011-2017 やまなかみゆきピアノ教室. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com