みゆきち日記

ひとりひとりに合わせたピアノレッスンカリキュラム

2015-01-27

奈良市【やまなかみゆきピアノ教室】山中です。

今日のレッスンで、お母さんとレッスンの進め方についてのお話をさせていただきました。

入会して、レッスンをスタートした頃は、とにかく慣れる、レッスンのスタイルやおうちでの練習の習慣をつけるなど、『ピアノを習うこと』について、一生懸命取り組んでいきます。

それでも、月日が経ってくると、こういうことがしてみたい、これについてはどうか?など、レッスンをいろんな方向から見ることが出来るようになり、レッスン形態にも、変化が出てきます。

ホームページや、教室内でご案内しているレッスン形態以外に、ご希望やご要望に応じたレッスン形態を お母さんやご本人と相談しながら、ひとりひとりに合わせたピアノレッスンを ご提供出来るようにしています。

例えば、もっとレッスン時間を長くしたい、今はやっていないこんな内容を習いたい、これを知りたい、教えて欲しい…。

いろんなご要望にぴったりのレッスンをご提案させていただき、テキストをはじめ、その生徒さんに最適なレッスンをする。

個人ピアノ教室ならではでの強みを生かして、ご入会後も、通いやすく、長く通っていただけるように、その時、その時のベストなレッスンが出来るよう、お話させていただいています。

今日も、いろいろお話させていただきましたが、ご参考になれば幸いです。


体験レッスンにお越しくださいました。

2015-01-25

奈良市【やまなかみゆきピアノ教室】山中です。

今日は、日曜日ですが、ピアノ体験レッスンをさせていただきました。

しかも、今日は2件、お二人の方です。

お一人は、絶対音感コースの3歳さん。

お一人は、幼稚園採用試験を目指される大学生の方。

お二人とも、その場でご入会いただきました。

絶対音感コースは、6歳半までのお子さまに、オススメのコースです。

絶対音感が持てると何が良いのかというと、将来的にIQか生涯を通して10上がると言われています。
楽譜が読むのが早くなるばかりでなく、九九を覚えることや漢字を覚えることが容易くなったり、記憶力があがると言われています。

ピアノを弾くだけでなく、勉強面においても、嬉しい効果が上がります。

今日の3歳さんも、楽しく体験レッスンを受けていただき、即ご入会いただきました。

お二人目は、採用試験を目指す大学生。

この方とは、どのようにレッスンを進めていくと効果的か、カリキュラムのご提案をさせていただき、レッスン日をご相談した上で、ご入会いただきました。

さっそく2月から、レッスンがスタートします。

それぞれの方に合った準備をして、お待ちしております。

【やまなかみゆきピアノ教室】では、春のご新規生徒さんを 若干名募集しております。

この時期は、在籍生徒さんも、新学年になったり、塾や他の習い事の時間が変更になったりで、ピアノのレッスン時間も変更が生じる流動的な時期です。

曜日によっては、満室の曜日もありますが、通いやすい時間帯や、ご希望の多い時間帯のレッスン枠は、埋まっていきます。

体験レッスンは、日曜日でも都合があえばお受けしていますので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


ピアノを弾く時は、優雅な気分で…。

2015-01-21

奈良市【やまなかみゆきピアノ教室】山中です。

今日のレッスンの最後は、現役保育士さんのレッスン。

大人の方のレッスンで、いつも私が心がけていることのひとつに、

『優雅な気分で、ピアノを弾いていただきたい』

ということがあります。

もちろん、上達するためのスキルアップや、テクニックの伝授もありますが、

お仕事を終えられ、おうちの用事も控えた多忙な身です。

せめて、【やまなかみゆきピアノ教室】にレッスンに来られて、お部屋に入った30分のレッスンの間は、日常の慌ただしさを忘れて、優雅な気分でピアノに向かう時間であって欲しいなぁと思ってレッスンしています。

それでも、なかなか、あれもこれも言わなくちゃ、と私も弾丸トークになってしまったり、

おぉ〜〜、もうこんな時間、時間がない!となってしまったり、

優雅…からは程遠い感じになってしまうことも多々あります(笑)

それでも、一瞬でも、大人のお仕事をお持ちの、主婦の、お母さんの…とたくさんの肩書きをお持ちの生徒さんに、

日常からはかけ離れた『ピアノを弾く』ということで、少しでも優雅な気分を味わっていただきたいなぁと…。

今日も、そんなことをお話しながら、

『セレブな感じで弾いてみましょうか』

と言葉かけをしました。

すると、先ほど弾いた曲が、本当に優雅で素敵な感じに仕上がりました♪

ちょっと嬉しい、気分の良いひと時でした。

今日は、最高齢の84歳の生徒さんから、幼稚園、中学生、保育士を目指す大学生、そして、保育士の方…、

バラエティーに富んだレッスンでした。

【やまなかみゆきピアノ教室】では、お仕事をお持ちで、お母さんで、家事もこなすパワフルな大人の生徒さんも、頑張っておられます!


教える側になっても、学び続けること

2015-01-15

奈良市【やまなかみゆきピアノ教室】山中です。

現在、月に一回ですが、講師である私も、大阪は梅田までレッスンに行っています。

先生なんだから、もう習いに行くことは必要ないのでは?と思われがちですが、

いえいえ、教える側になっても、何十年教えても、自分の学びを止めると、そこで終わってしまうような気がします。

今習いに行っている先生は、たぶん『日本で1本の指に入る先生』だと思いますが、なぜなぜどうして、この先生から教えていただくことは、本当に目からウロコ…といいますか、新しい発見や気づきがたくさんあります。

先週も、コード進行とコードの組み立て方について教えていただきました。

IMG_7251.JPG

これを見て、そうそう!とわかる人は、もう習わなくてもいいですね(笑)

これを見て、ほほぅ!と思った私です。

なるほどで、びっくりな音の積み重ね。

美しい響き。

オシャレなサウンド。

学んで来たことは、必ず【やまなかみゆきピアノ教室】の生徒さんに還元しています。

この先生ではありませんが、ある大先生も、私におっしゃいました。

『こうして、ずっと学びを続けている先生に習える生徒さんは、本当に幸せですね』と…。

とってもありがたく、光栄なお言葉でした。

勉強しても、新しいことを学んでも、決して、それで良しというボーダーラインはありません。

ずっと勉強だと思います。

また、この年齢になっても、知らなかったことや新しく得るものは、まだまだあります。

その発見が喜びであり、嬉しくもあります。

これで良し、とすることなく、今年も精進していきます。


ピアノレッスンの合間に お母様とする会話や生徒さんとの会話

2015-01-12

奈良市【やまなかみゆきピアノ教室】山中です。

当【やまなかみゆきピアノ教室】では、レッスンに付いて来られるお母様か少なくありません。

なかなかゆっくりとお話する機会はないのですが、レッスンとレッスンの合間の僅かな時間に、いろんなお話をすることがあります。

毎回レッスンに付いて来てくださるお母さんとは、時間の隙間に、子育ての話や、学校や勉強の話、その他、病気の対策方法や、美容や健康の話まで、させていただくことがあります。

身近なところでは『 どこの歯医者さんがいいですか?』など(笑)

また、中学生や大学生の生徒さんとは、進学の話や試験対策、将来のことなど、ピアノの先生以外のところで、私を頼りにしてくださったり、ご相談を持ちかけてくださること、本当に嬉しいです。

あるお母さんからは、『うちの子は、もうひとりのお母さんか何かと、間違っているのではないかと思います』と言われたことも。

ピアノの先生は、ある意味、学校の担任の先生よりも長くお付き合いをすることになるかと思います。

学校の担任の先生は、毎日朝から晩まで、子どもたちと接しています。
ピアノの先生は、週一回わずか30分余り。

それでも、ピアノの先生は、長くかかわると、10年以上、一人の生徒さんとかかわることになります。

学校の担任の先生は、長くても2年くらいでしょうか。

逆に、週一回だからわかることもあります。

生徒さんだけでレッスンに来られている場合には、

『みゆき先生にだけ言うけど、お母さんには言わないで』

と、口止めのつくお話とか(笑)

もちろん、それは、約束なので、お母さんには言いません。

もうひとりのお母さん、時には相談相手であり、頼りにされている人生の先輩であり…。

以前、大人の生徒さん…と言っても結婚もされていますが、その方から
『自分の親にもまだ言っていませんが、子どもを授かりました、職場の誰にも言っていません、先生が初めてです』と、嬉しいご報告をびっくりしながら受けたこともあります。

時には、深刻な子育ての悩みや、病気のことについてのご相談…。

そんな時は、ピアノの先生である前に、二人の子育てをした母親として、両親や祖母の介護や闘病をした経験者として、また、それを看取り見送った経験者として、23年間姑と同居した嫁の立場として、受験や進学で挫折を味わった経験者として、人生の先輩として、いろんな経験や立場から、いろんなお話をさせていただいております。

ピアノ講師って、ピアノを教えているだけでいいのかもしれませんが、私自身は、そうではないと思っています。

ピアノ教室に来る子どもたちは、その日一日、学校であったこと、おうちであったこと、子どもなりに、いろんなことをかかえながら、やって来ます。

今日は、なんかいつもと違う感じがする…ってわかるのも、週一回お会いするからだということもあります。

学校で何かあったん?

今日の給食何食べたん?

塾で何勉強して来たん?

いろんなことを話しながら、血の通った暖かいレッスンをしていますし、していきたいと思っています。

固い表情でピアノを弾いていた子も、いろんな言葉を投げかけることで、表情が和らぎ、上手く弾けるようになることもあります。

レッスンがびっしりで、なかなかお話をするのは難しいですが、そんな僅かな時間を 大切にしたいと思っています。


Copyright© 2011-2017 やまなかみゆきピアノ教室. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com