みゆき先生の初舞台

2011-12-11

 

白黒写真・・・というところが、時代を物語っていますが、これが、初舞台のようです。

なにぶんにも、わたし自身は、あまりおぼえていないので、子供のころの記憶って、こんなものかなぁと思います。

で、写真の説明。 なにをしたかというと、 みにくいあひるのこ にわとりの役  :mrgreen:

後列、左から4番目 (グランドピアノの方から)が私です (笑)

右側の白いタイツをはいているのが、白鳥の役。

中央のエプロン姿が、お母さんあひる。

その横に (前列) あひるのこどもたち。

そして、大太鼓の前 (前列左端) が、主役の みにくいあひるのこ

不思議なことに、本番の記憶は、全くないのですが、練習のときの記憶は、あるのです。

練習は、何クラスかの合同で、とにかくバタバタしていた記憶があります。

写真では、わかりにくいですが、主役の子は、両手を胸の前で、クロスさせています。

この時に、 『 わたしは~、わたしは~♪ みにくいあひるの子~~♪ 』

と、歌っています。そして、そのメロディは、今でも歌うことができます。

自分の歌やセリフは、なにひとつおぼえていないのに、この主役の子が歌っていた

このポーズで歌う ワンフレーズは、はっきり記憶しているのです。

私自身は、おさななじみが白鳥の役だったので、一緒に白鳥がやりたかった^^

なんか、ふわっとしたレースのような羽根で、白いタイツ・・・が、いいなぁ~~って (笑)

自分は、白いブラウスに紺のスカートで、いやや~って。

頭につけている にわとりのお面?を 一生懸命、母が作ってくれました。

グランドピアノを 弾いているのが、私の先生。

自分が、この仕事を するようになって、わかることですが、

このプログラム めちゃくちゃ大変~ だと思います  😈

幼児科の子供たちを まとめて、しかも、ミュージカル仕立て。

たぶん、歌やセリフもオリジナルだったと思います。

当時の母親も、合同練習時間に都合を合わせ、衣装を作り・・・。

大変だったなぁ・・と。

自分が、母親になって、ありがたみがわかる ^^

セピア色の記憶・・・を ふりかえったひと時でした。

 

 




 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Copyright© 2011-2017 やまなかみゆきピアノ教室. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com