初舞台  年長 I くん の演奏

2011-12-25

I くんは、大手音楽教室からの移籍組さんです。

グループでの発表会は、経験していますが、 『 ひとりでの演奏 』は、今回が初めてでした。

発表会までの準備期間が、2ヶ月余り・・と、短かったこともあり、出演はどうかな・・と思っていましたが、

元気よく 『 出る 』 と、言ってくれました。

今までの教室と、勝手が違うこともあっただろうし、戸惑うこともあったと思うけれど、

本番は、とてもしっかりと、すばらしい演奏ができました。

緊張した面持ちで、ひとりで舞台に歩いて行く姿に、少し心配になったみゆき先生ですが、

演奏が、始まるとそんな気持ちも、吹っ飛びました。

『 黒鍵のダンス 』 という曲は、一度にたくさんの鍵盤を 押さえなくてはならない曲です。

鍵盤を 押さえるたびに、大きく揺れる I くんの小さな肩や背中を 舞台袖から見ていて、

本当に、一生懸命、全身で弾いているんだなぁ、と胸がいっぱいになりました。

短期間で、新しい環境の中で、発表会の準備をして、これだけの演奏ができたことは、

本当に、良くがんばったと思います。そして、すばらしいことだと思います。

これだけ大きなことを 成し遂げると、やはり、発表会後のレッスンも、見違えるものがあります。

1回の発表会の経験は、100回分のレッスンに相当するのでは? と思うくらい、変わりましたね。

この経験を 糧に、これから先、ますます上達するように、頑張りましょう。

来年は、いよいよ1年生ですね。

学校に行きだすと、しばらくは、疲れたり、ペースが乱れるかと思いますが、あせらず、日々の生活を整えてくださいね。

 

『 黒鍵のダンス 』


Copyright© 2011-2017 やまなかみゆきピアノ教室. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com