舞台裏の世界

2011-11-14

中学生になったら、発表会で、舞台裏の仕事を お手伝いしてもらっています。

舞台裏の仕事といっても、いろいろありますが、

ピアノの椅子の高さ調節、ピアノの鍵盤を拭く、記念品を渡す、プログラムのマイク放送、

譜面台や、小物楽器のセッティングなどなど・・。

細かい仕事は、無数にあります。

ただ、発表会に参加して、ピアノを弾いて終わり、ではなく、

この舞台をするために、裏でどんな人たちが支え、どんな仕事をして成り立っているのか、

自分たちが経験することで、いろんなことを学んでいきます。

失敗もまた大切です。

そんなわけで、プログラムのアナウンスも、プロのようには、いきませんが、

場を踏んで、少しずつ上手になっていきます。

舞台の裏でお手伝いをすることで、将来、気遣いや、心配りのできる人にもなります。

中学生は、高校生や大学生に教えてもらいながら、

『 この人に、任せておけば安心 』 と言ってもらえるようになります。

そして、小学生以下、小さい人たちは、舞台袖で出番待ちをしながら、

お姉さんたちの様子を見ています。

自分が、中学生になった時、自然とお手伝いができます。

華やかな舞台の裏側で、様々な世界が繰り広げられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Copyright© 2011-2017 やまなかみゆきピアノ教室. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com