ピアノを弾く時の服装

2011-11-10

前回のブログで、服装について、あれこれと書きましたが、

結局のところ、ピアノを弾く時に、髪の毛や衣装の袖口が邪魔にならない服装…、ということになります。

ピアニストが、演奏する時、やたら露出度の高い服装だったりしますが、

それは、やっぱり、『弾くのに邪魔にならない』ということなんでしょうね。

もちろん、正装で、華やかな服装でもありますが…。

例えば、足を踏ん張って弾かなくてはいかない時、
すごい跳躍音で、足を開いて弾かなくてはいけない時、

そんな格好になっていたとしても、ロングドレスを着ていれば、足元が見えませんから、弾いている姿は、美しいですネ。

髪の毛も、きちんとまとめて、弾いている時に、邪魔にならないように。

たまに、生徒さんの中で、前髪が、顔にかぶさって、
誰なんだか、わからない時があります。

ひどい時は、『頭しか見えない』みたいな。

後で、出来上がった写真を見て、残念に思うことがあります。

舞台では、自分の右側がお客様です。

『右わけ』にしている人は、特に気をつけましょうね。

そういう、みゆき先生も 『右わけ』 デス(笑)

あと少し、頑張りましょう。


Copyright© 2011-2017 やまなかみゆきピアノ教室. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com