手首の力を抜いてピアノをひくには…

2014-12-17

奈良市【やまなかみゆきピアノ教室】山中です。

ピアノを弾く時は、『脱力』が必要…。

脱力…って一言で言っても難しいです。

要するに、余分な力、無駄に力を入れずに楽にピアノを弾く、のですが、その言い方も語弊がある(笑)

脱力だけでは、グニャグニャでピアノがうまく弾けません。

レッスン中に、『手首の力を抜いて…』と言っても、どうすれば良いのかわからない。

そもそも、手首に力が入っている とは、どういうことなのか、それもわからない。

という訳で、ピアノを弾くみゆき先生の手首の上に、生徒さんの手を置いてもらって、

手首の力が抜けている弾き方

手首に力が入っている弾き方

を 感じてもらいます。

IMG_7032.JPG

IMG_7036.JPG

みゆき先生の手首の上に、自分の手を置いて、一生懸命、わかろうとしている小学校二年生。

手首の力を抜く とはどういうことかが、頭でわかっても、今度はなかなか手が言うことをきいてくれません。

でも、毎日積み重ねて行くうちに、脱力 が出来るようになります。

脱力が出来るようになると、ピアノが楽に弾けるようになります。

練習で手や指を痛めることも少なくなります。

【やまなかみゆきピアノ教室】のレッスンは、時にスキンシップもしながら、時に、口で説明するだけではなく、肌で感じてもらいながら、レッスンしています。

今日も、充実した楽しいレッスンでした。


Copyright© 2011-2017 やまなかみゆきピアノ教室. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com