絶対的バイエル崇拝論!?

2011-10-08

ピアノを習う人なら、必ずといっていいほど、

『バイエル教本』は、使用するテキストですし、幅広く知られた名前です。

また、進度やレベルを知る上で、

『バイエル〇番まで弾いている』

『バイエル〇番まで終わっている』

と、バイエルを基準にすることもあります。

特に、保育系の高校や大学に進学する場合、

この『バイエルが終わっているかどうか』で、

入学後のピアノの授業が大きく変わってきます。

そんな絶対的な位置をしめるバイエルですが、

レッスンを進めていく上で、障害となってしまうことがあります。

バイエルは、ピアノを習う人なら、誰もが学ぶ大変優れた良い教本です。

薬にたとえるなら、誰にでも良く効く良いお薬。

でも、どんなに良い薬でも時として、副作用が出てしまうこともあります。

それと同じように、良いと思って使い始めたバイエルも、途中で

『弾くのイヤ~、嫌い~』

となってしまうことがあります。

『バイエルをやっていくと、ほかの曲が上手に弾けるようになるんだよ。

がんばろうネ  😛  』

と言ってあげても、

『もう、バイエル見るのもイヤや~ :cry: バイエル嫌い~』

となれば、修正不可能  🙁

こうなれば、もう副作用出まくり、お薬が合っていない状態。

こんなときは、テキストを変更したり、バイエルを休止したり・・・。

今は、昔と違って、バイエル以外にも優れたテキスト(新薬)が、たくさんあります。

『絶対にバイエルをさせて欲しい 』

『バイエルだけは、終わって欲しい 』

たまに、このようなリクエストを お母さまよりお受けすることが、あります。

テキスト選びは、 音符の処方箋

生徒さん、おひとりおひとりに合ったお薬(テキスト)を処方すべく、

バイエルをはずす・・・。

ということもありますこと、ご理解お願いします。

 


Copyright© 2011-2017 やまなかみゆきピアノ教室. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com