みゆきち日記

パン處 門志恵里

2011-07-27

110726_0841~01.jpg 110727_0759~01.jpg 110727_0800~01.jpg

奈良市高畑町にある

パン處 門志恵里

読み方は、 ぱんどころ もんしぇりぃ

デス。

パンは、大好きで、たまに行くお店ですが、

ここのパンは、もんしぇりぃ の名前からもわかるように フランスパン系のハードな生地で、噛めば噛むほど味が出る (笑)

カマンベールチーズがのったパンや、明太子フランス なんかも美味。

少し小ぶりのメロンパンも、美味しいです (^O^)

息子は、3つくらいペロリと食べちゃいます (笑)

でも、店主の意向により、より良いパンをご提供するために、ということで、

『定休日は、火、水曜日』

です (^_^;)

というわけで、今日はお休み。画像のようにシャッターが、降りてます。

(あ…真ん中の『やまだ』の隣デス)

高畑住宅バス停前なので、普段の昼間は、奈良教育大学附属幼稚園のお迎えにきたお母さんや、奈良教育大学の学生さん達で賑わってます (^_^)v

夏休みは、少しゆったりしていますかね。

いくつか買っても、み〜んな 即完食、で 『袋』しか残ってません (笑)


1ヶ月後には、両手でネ(^_^)v

2011-07-22

初めて、ピアノを習いに来られるお子さまの中で、

時々、お見受けするのが

☆今日、今すぐ☆ピアニストになれる!

と、思われる方 (^_^;)

テレビやどこかで見た☆鍵盤の端から端までを両手で弾く☆ 画像…。

ピアノ教室に来たら、すぐに、あんなふうに弾ける\(^w^)/
って、思っちゃうんですよね。

『魔法使いじゃないから、それは無理』(^_^;)

って、申し上げるんですけど。

早く弾けるようになりたい!

当教室では、そんな生徒さんの気持ちも大切にしています。

テクニックは、もちろんですが、そういう希望もなるべく早く叶えてあげたい☆と思います。

簡単な曲なら、1ヶ月で弾けるようになりますよ(^_^)v

あ…、『エリーぜのために』は、さすがに無理です(笑) 念のため(^_^)v


夏休みの体験レッスンで、好スタートを!

2011-07-18

毎日、暑いですね。

当教室では、随時、体験レッスンを実施しております。

この春、5月に体験レッスンを 受けられ、レッスンをスタートされた年長さんは、

すでに 絶対音感がつきつつ あります。

ピアノも、両手で弾けるようになりました (^^)v

暑い時期で、何か新しいことを始めるには、気分が向かない~ 時期ではありますが、

夏休みを大いに利用して、日ごろは実施できない 午前中 に、

体験レッスンを 受けてみられるのは、いかがでしょうか。

ゆったりとした時間を 過ごしていただけると思います。

どうぞ、ご希望の日時など、ホームページのお問い合わせよりお尋ねください。

夏休みに 体験レッスン レッスンは、2学期から (^^)/  

良いスタートを 切ってくださいね!




『ど』を歌う?

2011-07-13

当ピアノ教室では、絶対音感に対応したレッスンもしています。
ピアノの横に立って歌うのですが、まだ何も歌わない、
声を出す前に、みゆき先生が、いきなり
『ドを出して・・』 とか
『ドを歌って』
と言うことがあります。
初めてそんなことを 言われた時は、だいたいの生徒ちゃんは、
『え?』
ってなります(笑)
でも、とまどいながら、
『ど~?』 『ドォ~?? えぇ?・・どぉ~~~?』
いろいろやって、
『えぇ~っ!?わからん・・』
ってなります。^^
わかんなくていいんです。わかんなくて当たり前です。
ひととおりやって、最後にみゆき先生がピアノで ドを弾きます。
『どぉ~』 一緒に歌います。
・・・のくりかえし・・。
ある日突然、『ド出して』と言われたら
正しい音程で歌える日が来ます。
さぁ、歌ってみて・・!
『ど』って、どんな音!? (^^)v


補助ペダル(足台)の貸し出しをします!

2011-05-26

補助ペダル(足台、足置き)は、床やペダルに足が届かない生徒さんにとって、とても大切なものです。

変な言い方ですが、ピアノという楽器は『大人も子供も同じ大きさ』
子供用サイズのピアノ、とかはありません。

補助ペダルの重要性については、折をみてお話するのですが、なかなかご理解いただけないことも現状としてあります。

とりあえず、要らなくなった百科事典やマンガ雑誌を積み重ね、

『本を踏んで、ごめんなさい』m(_ _)m

ってしてから、使ってもらうようにお願いしたり、牛乳パックを組み合わせて足置きを作ってもらったり、いろいろ『買わなくて済む方法』をご提案してきました。

しかしながら、それは単なる『間に合わせ』であり『補助ペダル』の代わりになるものでもなんでもありません。

とりあえず、足は置けるけれど、ペダルは踏めない。

補助ペダルをご購入していただけない理由は、

*値段が高い

*使う期間が短い

のようです。

でも、教える側にすると、ペダルを使う曲をレッスンに取り入れたい、と思っても、おうちに補助ペダルがないとなると

この生徒さんにペダルを使う曲は、やめよう…

となってしまいます。ペダルを踏むような曲が、弾けるくらい上手になってきたのになぁ…
残念だなぁ…。

って、すご~く『もったいない』って思います。 レパートリーや音楽が、広がろうとしているのに、制約される…。

使う期間は、短い間ですが、サイズの合わない靴を瞬間でも履き続けるようなものです。

ぜひ、補助ペダルにご理解いただきたい!

そうは、思っても、やっぱり現状は、キビシイ。

そこで、考えました(^_^)v

『使わなくなった補助ペダルを寄付していただく』

『お下がりのお洋服』みたいですが、これで、補助ペダルも再び脚光を浴びます(^_^)v

現在、1台、ご寄贈いただきました!

『粗大ゴミに出すところだった』と…。

うっそ~!?

モッタイナイ(>_<) お譲りいただいた補助ペダル、もう一度、綺麗に磨いて、必要な方に貸し出します。 ただし、貸し出し方法に条件があります。 詳細は、レッスンの時にお尋ね下さい。
♪ご家庭内で、要らなくなった補助ペダルは、ございませんか~。ぜひ、お譲り下さい~!お知らせいただければ、取りに参ります~♪

古新聞~古雑誌~…みたいだ~(笑)


Copyright© 2011-2020 やまなかみゆきピアノ教室. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com