ピアノを弾く時の指の形

2015-03-29

奈良市【やまなかみゆきピアノ教室】山中です。

ピアノを弾く時に、手の形を丸くして…とか、タマゴを握ったような形にして…、というように言われますが、

なかなか、曲を弾きながら、手の形まで気をつけて弾くのは難しいです。

特に、小さな生徒さんに、いろいろなマプローチで言ってみたところで、伝わらない。

画像は、年少さん。

小さなビーズをつまんで、缶のフタの上に『カチッ』と音がしないように置く練習をしています。 

親指(1の指)と人差し指(2の指)が、実に綺麗な形になっています。

この形のまま、ピアノが弾けると良いですね。

次の画像は、指の形がつぶれてしまっています。 

これは、力が入り過ぎて、ダメな形。

美しい手の形で、ピアノを弾く。

これは、年齢に関係なく、どの生徒さんにもお教えしています。

ビーズでなくても、小豆や大豆などのお豆や、おもちゃのアイロンビーズ、少し小さいですが、お米でも出来ます。

おうちに、お菓子の缶のフタなどがあれば、その上に、音が鳴らないように置いてみましょう。

これは、ピアノを弾く手の形が良くなるだけでなく、

とても、集中力がつきます。

ビーズを真剣に置くお子さんの目、気力、相当なものがあります。

ぜひ、おうちでもやってみて下さいね。


Copyright© 2011-2017 やまなかみゆきピアノ教室. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com