保育士・幼稚園の先生のためのピアノレッスン

ここ数年の、奈良市の保育園入所待機児童数は、だいたい200人前後です。

この子供たちすべてが、入所可能な保育園に入れるといいのですが、

受け入れ可能な保育園と、通園可能な保育園、そして、そこで働くスタッフ=保育士

すべてのバランスが、うまくいって、はじめて待機児童数は、減少するのではないでしょうか。

私自身も、幼稚園教諭&保育士資格を 持っていますが、ヤマハ音楽教室の仕事を

していても、よく保育園や、県の担当部署から、保育士で来て欲しいという要請を

いただいていました。

それだけ、先生の数が足りなかったんでしょうか。

私が資格を 取った頃と、今の時代とは様々な状況が違うかもしれませんが、

幼稚園や保育園の先生に求められるものは、本質的には同じのように思います。

しかしながら、幼稚園・保育士資格の『音楽=ピアノ』の資質は、というと、年々向上して

いますし、今の時代の音楽・・は、非常に複雑化して、またそれに対応できる先生である

ことも、求められます。

例えば、子供たちに『先生~これ弾いて。これ、歌いたいー』 といわれた時、

臨機応変に対応できますか?

その歌が アナと雪の女王の『ありのままで』や『妖怪第一体操』だったら・・・。

『それは、大学で習わなかったから、できない・・・』

という訳にはいきません。

でも、どんな曲でも弾ける力、というのは、基礎力があってこそです。

バイエルが弾けない人が、妖怪第一体操・・・は、弾けるかもしれませんが、かなり苦しいです。

とかく、幼稚園、保育園では 『弾き歌い』 が必要とされます。

楽譜とおりに間違わずに弾ける・・というだけでは、通用しません。

幼児教育系の大学に入ると、まず 『バイエルが終了しているかどうか』で、

ピアノの授業は、振り分けられます。

ピアノの学科試験も、課題曲、自由曲、弾き歌い、などの科目に分かれ、

採点もなかなか厳しいです。

当教室では、幼稚園・保育士をめざす方、現幼児教育系の学生の方、すでに現場で働い

ている方、そういったすべての方それぞれに応じたレッスンを サポートします。

今、お困りのこと、希望することを 丁寧にレッスンします。

学生さんの立場、先生の立場がわかっているひとりとして、ぜひ、お手伝いができたなら

と思います。

当教室の近くに 奈良佐保短期大学 奈良教育大学 が、ございます。

そこの学生さんのお越しも、お待ちしています。

講義の空き時間などを 利用してぜひ、レッスンに来てくださいね (^^)v



 

 

やまなかみゆきピアノ教室・・・奈良市鹿野園町363

お問い合わせ TEL: 0742-61-3696

 
Copyright© 2011-2017 やまなかみゆきピアノ教室. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com